蟹虫その後 

学名:Homoderus mellyi
和名:メンガタクワガタ
カメルーンCBF2

前回は割り出しの記事だった蟹虫ことメンガタクワガタ。
それから、もう10ヵ月経っています(^^;)

産卵調整のため3週間のセットで25頭採れましたが、手元に残したのは8頭。
超微粒子のマットを使用していましたが、2ヶ月前後で交換すればいいものの、もう少し引っ張ろう、まだいけるだろう・・・

その考えが甘かった。身を持って劣化が早いことを思い知らされ、2頭の2~3齢が落ちました。
ちなみにマットが悪いという意味ではありませんよ。

6頭が羽化し、そこからさらに手元に2ペア残しました。

が、羽化から7ヵ月。先日後食することなく♂が逝ってしまいました。
メンガタ58


マットの上で蛹化していましたが、このままでも大丈夫だろうと放置していました。が、羽パカで羽化。
こりゃぁ完全に僕の責任です。悪いことをしましたm(__)m

サイズは特大の58mm…(涙)

危ないかも知れない  →  大丈夫だろう・いけるだろう

当たり前のことですが、この思考は危険ですね。
猛省。

メンガタ53

もう一方の♂。
こちらは53mmと標準+のサイズ。

58mmが落ちたので、現在1♂2♀=トリオの我が家のメンガタ。
もう、ぼちぼち活動するでしょうが、累代は終了するつもりでしたが、大型血統の可能性もありブリはどうしようか悩み中・・・
スポンサーサイト

蟹虫ペアリングその後 

学名:Homoderus mellyi
和名:メンガタクワガタ
カメルーンCBF2
SUUSUさんブリ

3月末にペアリングした蟹虫
4月にセットを組ました。セット期間:4/6~4/27

ノコギリを使い産卵木を輪切りにしたのですが、100均のものは全然切れないです・・・かなり疲れました(笑)

メンガタセット

↓ 3週間後 ↓

メンガタセット@3週間後


メンガタ産卵痕
メンガタ卵2

いたるところに産卵痕がたくさん(゚Д゚;)


メンガタ卵採卵はせずに中ケースにマットを入れその中に産卵木を埋めました。
その最中に卵がぽろり・・・結構小さいです。大きさはペレメタの卵より一回り大きいぐらいでしょうか。


蟹蟲ペアリング 

春ですね~。春といえば新しい出会い、新しい恋?
ってことでペアリングシーズンでもあります(笑)

現在産卵セット中のもの
パラワン
ニジイロ
ダイスケギラファ♀1号

1~2ヶ月先に予定しているもの。
ダイスケギラファ♀2号
オオクワ南会津
台湾オオ
アマミノコ
コクワ

ただでさえ、クワ貧乏なのにクワゲル係数が高くなる一方の今日この頃(笑)
それにもかかわらず、迷っていたメンガタのブリ。ゼリー交換時時に我が息子源六丸に「とうちゃん、めんがた結婚させへんの?」と言う一言に押され、我が子が側にいるのにペアリング実施(大汗)

メンガタペアリング①

♀に重ねず、少し距離を取り様子見。


メンガタペアリング②
メンガタペアリング③

♂は全く興味なさげ・・・色気より食い気でゼリーの方へ(オイ)
♀の方が積極的に近付いていきます(笑)
この間20分・・・ゼリー交換をしている最中に、部屋を出て行ったり、1Fに降りたり忙しくしている源六丸に、「とうちゃん、とうちゃん、だっこしてるで!」と教えられる始末(笑)


メンガタペアリング④
メンガタペアリング⑤

ついに合体(*´ェ`*)ポッ!
しかし、全く交尾器をグラインド(大汗)させませんし、アクションが少ないというか、固まったままで動きません(笑)淡白な奴やなあ~と思っていたら一時間経っても繋がったままでした(*ノωノ) イヤン

翌朝まで同居させましたが、交尾の状態に近いメイトガードが見られました。♀には2~3日しっかり栄養補給をして貰い産卵セットに組む予定です♪

蟹蟲始動 

メンガタ活動
学名:Homoderus mellyi
和名:メンガタクワガタ
カメルーンCBF2
07.8月下旬羽化
KUWATAでSUSSUさんに手土産として頂いた蟹蟲です(笑)
♂は1月下旬から。♀も2週間ほど前から少しずつ活動しだしていましたが、♀もやっとゼリーを本格的に食べ始めました。約二ヶ月の後食ズレです(笑)
ホント寝過ぎです(笑)

スペースの問題もありSUSSUさんには「ブリはするかもしれませんし、しないかも知れません」とは言ったものの・・・したくなります(^^;)コマッタ