スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

離島モノ追加 

え~、前回は我慢出来たんですが、我慢できない個体・スペックがあったので、増種しちゃいました(^^;)

アマミヒラタ♂

学名:Dorcus titanus elegans
和名:アマミヒラタ
与路島タケダバル産:F0幼虫採集
(大島郡瀬戸内町与路島:人口140人)

チャームポイントは左顎真ん中あたりにある凹みです(笑)

外産ヒラタは横幅・顎幅もある種が多いので内歯下がりがカッコイイですが、横幅が外産と比較し、イマイチな国産。離島モノはバランスを考えると内歯上がり(中間)がカッコイイです←私見。

アマミヒラタと言えば当然、奄美大島を連想しますが、この個体は貴重な与路島産。
信頼できる離島採集家の方が幼虫採集したF0を購入しました♪
採集禁止ものは仕方がないですが、離島モノはWDもしくはWD持ち腹やF0から累代したいっていう気持ちがあります。

アマミヒラタ特徴

黒光りした上翅と、あるかないか分からない程度に浮かぶ点刻列が素敵です(笑)

さすがelegans(汗)

後脚脛筋、人間で言うと、すねにある棘がありません。(もしくは痕跡程度)
離島ヒラタはこのパターンが多いようです。

アマミヒラタ♀

♀も上翅にある点刻列が縦筋に浮かびチャーミングです(*´ェ`*)ポッ

トカラコクワF3

学名:Dorcus rectus kobayashii
和名:トカラコクワガタ
中ノ島御岳 F3

ちなみに、トカラコクワも追加。
コクワも45mmを越えると結構迫力がありますね。ちなみにこやつは47mmです。
我が家に既にいるトカラコクワと同じ中ノ島産(御池)ですが、そのペアの♀は我が家に到着後、新成虫のはずが2~3日で、符節が3箇所取れ、その二週間後時に死亡。
もう、そこからは買うことはないでしょう。
ってことで、追加しました。

少し、前にUPしました、我慢した奴ら・・・

ダイトウヒラタ(北大東島)
タカラヒラタ
アマミヒタラ
アマミシカ
・・・全て離島モノ(笑)

内歯下がりがデフォのタカラヒラタはしばらくは我慢し、ダイトウヒラタ(北大東)、アマミシカ、そしてスジブトは今後飼育します。リベしないといけないサキシマは自己採集と言う大きな目標を持っています(汗)

離島クワ。
台湾~南西諸島経由がサキシマヒラタ。朝鮮半島経由で上陸したのはツシマヒラタと言われていますが、D.rectus(コウワ)の先祖が台湾~南西諸島経由で本土に上陸し、rectus.rectusとamamianusに分かれたのか、それぞれ別ルートで発展したのか。いわゆるコクワガタが日本だけで発展したり、赤いコクワがいる地域、とんでもない離島にクワがいたり、離島同士でも数10km先の島にはクワがいなかたったり、別種のクワがいたり・・・生物学的にも、地質学的にも離島モノはロマンですね(笑)
離島モノが詳しく掲載されているBE-KUWA 10号15号24号はバイブルというか、読みすぎてボロボロです(笑)

↑支離滅裂ですみません(泣)

離島モノへの思いは本格的にカブクワ飼育をはじめた時から持っていたのですが、それに拍車がかかかり、もう離島マニアになってしまいました。

誰か一緒に行きませんか?石垣島へサキシマを採集に。
スポンサーサイト

嗚呼無常 

モリシマイ4号羽化
先日羽化したモリシマイ4号君。

長兄と同じ頭角3本突起で喜んでいたのもつかの間、会社から帰宅しチェックして見ると・・・

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

おまえもかっ! 

おまえもかっ!・・・しかし悪いことではなく、いいことです♪

学名:Dynastes hercules morishimai
和名:ヘラクレスオオカブト モリシマイ
ボリビア コチャバンバ県 チャバレ WF3
奈良O血統(→島民です。さん→D.M.fatherさん)
07.1/中~下孵化。

盆明けで、仕事がまったk・・・略・・・・
帰宅し、ワインセラーを覗くと・・・春先に送料込み1万で65Lのを買ってたりします(汗)モリシマイ4号君が羽化中♪

O(≧▽≦)O ワーイ♪

モリシマイ4号羽化

早速パチリ

ん?

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪


モリシマイ4号羽化顔

1号(仮称モリシ長兄)と同じく頭角3本っ!!

サイズは縮んで体が固まったら120mmちょいくらいになりそうで、長兄より10mm以上も小さいですが、長兄より胸角・頭角とも好みかも(*´ェ`*)ポッ

しかし、蛹の時には分からなかったのですが、頭角が少し左によれていたりしますorzガク
まぁ、サイズの方は、あらかじめ予想はできていたことなのでヨシとして、頭角3本なのはホント嬉しいですね(^-^)

D属では、リッキー、グラントと散々だったのでその反動か、一気にモリシマイにいいことが集まって来ている様な気がします。クワカブの神様はいけずですね~(^^;)

あとはモリシマイ3号が無事羽化すれば、森四姉妹が勢揃いしま~す(汗)

ギネス超え 

2年前のですが(大汗)

学名:Dynastes hercules morishimai
和名:ヘラクレス モリシマイ
ボリビア コチャバンバ県 チャバレ WF3
奈良O血統(→島民です。さん→D.M.fatherさん)
07.1/中~下孵化。

5月25日に蛹化したモシリマイの♀。
8月5日に羽化していましたが、全く触れず計測したいのを我慢していました。


モリシ♀人工蛹室破壊
が・・・やっと?人工蛹室を崩壊してしまったので、計測してみました♪


ちびっこブリーダー@3rdステージ  

城陽市某所産カブ♀
学名:Allomyrina dichotoma septentrionalis
和名:カブトムシ
京都府城陽市○○○産WD
源六丸@5歳樹液採集

先日のクワカブ採集で源六丸が自ら採集した国カブ。
『卵を産ますねん』と源六丸は意気揚々で帰宅しました(笑)
そして、その数日後・・・


ゼリー交換、割り出しの手伝いはよくやっていますが、今回は『ちびっこブリーダーサードステージ』として国産カブトのブリードです(笑)

(過去のちびっこブリーダーの記事)
1st(コクワガタのゼリー交換、霧吹き)
2nd(ゼリー交換、割り出し他、親父のお手伝い)

Jやまざと昆虫マット衣装ケースにガス抜きのための衣装ケースにマット投入、加水、ゼリーの×点入れまで今回は全て源六丸にやらせました(笑)

あまり産まれて困るので、粗めのやまざと昆虫マット、小ケースでいざ!


08年採集VOL.2 

今日はってもう昨日の話ですが、会社の仲間内でクワカブ採集に行ってきました♪
大人3人、子供4人。子供が多いと賑やか過ぎて大変です(笑)

今回の場所は城陽市某所。僕は初めてのポイントです。竹やぶの中にクヌギが点在しているポイントです。城陽市はこういうポイントが多いような気がします。

採集の方はと言うと、4~5組の採集者と遭遇し、大型のライトや脚立持参の業者と思うような方々もいたりし、あまり採れませんでした。キマワリとカマドウマがアホほどいました(笑)

[2008/08/03 02:02] クワカブ日記 | TB(0) | CM(5)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。