スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シャア専用ヒラタ(汗)!? 

学名:Dorcus.titanus.daitoensis
和名:ダイトウヒラタ
沖縄県島尻郡北大東村中野○○産:F0幼虫採集

ダイトウヒラタ

ダイトウヒラタ♀


去年9月にGETしていたのですが、UPし忘れていました。
正確に言うと、このところずっとPCの前に座る纏まった時間=下記のようなだらだらの駄文を書く時間が取れなかったということです(汗)

さて・・・
この個体はアマミヒラタ(F0 与路島)と同じ信頼できる離島採集家の方が幼虫採集をしたF0を購入しました♪このラベルの信頼度はSです。
北大東島のダイトウヒラタはもはや絶滅寸前らしくかなり貴重なF0個体です。絶滅寸前なのに飼育していてスミマセン。
体全体が太短く、小豆色で渋いのに小さくて可愛いい。見ていて飽きません。

↓の北大東島の地図は+、-、地図 、ポインターをクリックすればいじれます♪
最初はそのまま+を押し拡大。その後『地図』をクリックして『-』を押し地図を1000kmくらいまで目一杯縮小してみて下さい!位置関係が良く分かります。是非お試しを!
両大東島はどちらもそうですが、北大東島は小さく、畑ばかりで、樹木といえば島を囲っている防風林が目立ち、クワがいそうな場所さえなさそうに見えます。


さて、その北大東島。明治時代に開拓団が入植するまでは、大東諸島は全島が無人島でした。
1595年発行のスペインの「東洋航海記」には、南北大東島が二人姉妹っていう意味の「ラス・ド・ヘルマナス」と示されているそうです。ってことで、外国人が先に発見した島だったりします。
開拓団の第一陣は八丈島からだったり、サトウキビ畑ばかりになり製糖島の過去があったりと島の歴史も結構興味深いです。
興味のある方はこちらへ→GO

島の歴史も興味深いのですが、このクワはもっと面白いんです。
ダイトウヒラタが生息している大東諸島は地質学的には日本本土とも大陸とも一度も繋がったことがなく、珊瑚隆起によって20万~100万年以上前に出来たといわれています。
ちっぽけな島。海を越えこの島を目指してはるばるクワが飛んでくるのは不可能でしょう。ってことで、、この島にクワが入ってこようと思えば、虫が入った材とかが流れてくる海流分布しかないってことになります。
しかし、その材が流れてこようとも、大陸やフィリピンからの黒潮は大東諸島には直接ぶつからない。しかも、島の成立は南西諸島より新しいのに、DNAによる個体群系統図では、D.アマミやD.オキナワよりも個体群としては古い時代に分かれているという矛盾

しかし、地球温暖化で海流の流れが近年変わってきているという事実もありますし、大昔は潮の流れが違っていた可能性は否定できないでしょう。恐らく、ダイトウヒラタはドンブラコと潮に乗ってフィリピン、マレー辺りから大東諸島に辿り着いたという海流分布だったのでしょうね。

こういう離島モノの生息する島の成立過程・島の歴史や分布と亜種分化の考察ってすごい面白くて好きなんですよ。
ただでさえ、離島モノにはまっているのに、ますます嵌まってしまう大きな理由がこういうことだったりします。
離島ヒラタは数種いますが、こいつはその中でも一番のお気に入り。
ずっ~と累代することが決定している1種の1つです♪
スポンサーサイト

黄金郷頓挫。しかし・・・ 

皆様、ご無沙汰しております。
公私とも忙しくブログを放置しっぱなしです(^^;)
またLINKしてくださってる方をはじめ皆様のところへも訪問できておらず本当にすみませんm(_ _)m
まさかうちのブログにスポンサーサイトが表示されることになるとは思ってもいませんでした(;´Д`A ```
訪問してくださってる方、本当にすみませんm(_ _)m

虫の管理はしっかりやってますし、酒も新発売もビール、発泡酒は全て飲んでいるので、ネタは結構あるのですが、デジカメ画像も未整理のまま貯まる一方です。


さて、

サラク産 A血統 ♂ 74.5mm
サラク産 B血統 ♀ 48mm ♀47mm
ハリムン産    ♂ 66mm ♀48mm


これが我が家のローゼン部隊。

前回の記事から約4ヶ月経ちましたが、
当然A血統♂74とB血統48、B血統47をペアリング。
しっかり交尾も目視確認し産卵セットに組みました。
[2009/03/14 20:32] Allotopus(rosenbergi/m babai) | TB(0) | CM(8)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。