スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

火山島のノコ 

ご協力のお願い←是非読んでください。


学名:Prosopocoilus inclinatus mishimaiouensis
和名:ミシマイオウノコギリクワガタ
鹿児島郡三島村大字硫黄島稲村岳WF1

08.10月羽化。
ミシマイオウノコ

ミシマイオウノコ♀

画像の通り小歯です(笑)
大歯になると相場的には一葉さんが1人は必要なようですので、財布に優しい48mmをGETしました(^^;)

そうです、またもや離島モノ・・・

ちばみに11月にGETしており、半年近く経っています。
後食を始めたらUPしようと思っていまして・・・やっとこさUPです(汗)

さて、このミシマイオウノコ、別名鬼界ヶ島と呼ばれる硫黄島に生息する本土ノコの亜種です。
硫黄島はその名の通り、噴火で出来た島で、火山活動が活発で生息するには環境が悪く島の成立が浅いのに、ノコギリクワガタの亜種として特化しています。というか、特化せざるを得なかったのでしょうね。

大きな特徴は下記の通り。
○符節が細短い。
○原名亜種P.inclinatusと比較し大顎は細短く湾曲がやや弱い。
○原名亜種P.inclinatusよりも体は光沢がある。


ご存知の通り、ワイルドはもはや採集禁止。
ワイルドでは大顎の発達が悪い個体が多いようですが、飼育ではけっこう大歯が出やすいとも、60mmを越えても中歯だとかいろんな情報があります
しかし、ウチはワイルドに近い大顎の発達が悪い個体を目指そうと思います(汗)←羽化後の言い訳を先にしておきます(汗)


P.S 皐月賞かすりもせず┐(´-`)┌
スポンサーサイト

ご協力のお願い。 

クワ友のTOTOROさんの義姉さんの息子さんが行方不明になっているようです。
そこで協力の依頼がありました。

[2009/04/19 02:10] 雑記・戯言 | TB(0) | CM(0)

蟹虫その後 

学名:Homoderus mellyi
和名:メンガタクワガタ
カメルーンCBF2

前回は割り出しの記事だった蟹虫ことメンガタクワガタ。
それから、もう10ヵ月経っています(^^;)

産卵調整のため3週間のセットで25頭採れましたが、手元に残したのは8頭。
超微粒子のマットを使用していましたが、2ヶ月前後で交換すればいいものの、もう少し引っ張ろう、まだいけるだろう・・・

その考えが甘かった。身を持って劣化が早いことを思い知らされ、2頭の2~3齢が落ちました。
ちなみにマットが悪いという意味ではありませんよ。

6頭が羽化し、そこからさらに手元に2ペア残しました。

が、羽化から7ヵ月。先日後食することなく♂が逝ってしまいました。
メンガタ58


マットの上で蛹化していましたが、このままでも大丈夫だろうと放置していました。が、羽パカで羽化。
こりゃぁ完全に僕の責任です。悪いことをしましたm(__)m

サイズは特大の58mm…(涙)

危ないかも知れない  →  大丈夫だろう・いけるだろう

当たり前のことですが、この思考は危険ですね。
猛省。

メンガタ53

もう一方の♂。
こちらは53mmと標準+のサイズ。

58mmが落ちたので、現在1♂2♀=トリオの我が家のメンガタ。
もう、ぼちぼち活動するでしょうが、累代は終了するつもりでしたが、大型血統の可能性もありブリはどうしようか悩み中・・・

孝行息子♪ 

旬のネタではないので、あしからず<(_ _)>

ソルジャーズソング パドック

元POG馬、ソルジャーズソングです。(仲間内POGのです。)
レク氏が現地で撮影したものをパクリました(汗)
↑¥1000請求されております(;´Д`A ```

長期休養もあったりしたのですが、POG馬だっただけあって、追いかけていました。
重賞戦線に顔を出し始め、スプリント戦でそのうち穴を空けると思っていたのですが、今回大舞台でやってくれましたO(≧▽≦)O ワーイ♪
ちなみに年齢がネックくらいで買える理由は結構あったりします。
[2009/04/05 22:54] 競馬 | TB(0) | CM(3)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。