スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もっと食べたい 

鯨今日はインテックスで展示会でした。

3日間あるのですが、今日は私が責任者。+2名。

となりのブースで、鯨の赤身やオバケ、竜田があったので食べました。最近食べる機会がほとんどない鯨。懐かしい(*´ー`)y-o0


・・・竜田は参考末端価格 kg4000円(汗)

僕が小学校の頃は、給食に竜田はもちろん出ましたし、家では水菜と炊いたお浸しも良く食卓にならびしました。

この鯨は調査捕鯨のミンク鯨とのことです。ミンク鯨の捕獲数は現在400頭。近々倍増するそうで、ナガス鯨やザトウ鯨の大型鯨も50頭ずつ調査対象になるそうです。
ちなみに調査捕鯨のミンク鯨。胃を裂くと中は真鰯で一杯だそうです。
そのうえ、大型の鯨は泳ぎが遅いですが、ミンク鯨は小型で動きも素早く、食うわ食うわで数もかなり増えてるそうです。

海においての食物連鎖のピラミッドの頂点の数がこんなに多くていいのでしょうかね?

今、食品業界では魚不足です。乱獲以外にも原因は商業捕鯨の禁止もあるでしょう。
BSEの影響で欧米でも今まででは考えられなかったほど、魚の需要が増えており、日本に入ってくる魚は減ってきています。逆に日本からも鮭(秋鮭)関係は海外に行ってしまうことが多くなってきています。

先ほどの鰯、特に国産の真鰯は高級魚になりつつあります。安い魚の代名詞はもはや過去のものです。

北欧や日本にとっての捕鯨は食文化。捨てるところはありません。
アメリカの捕鯨は、鯨油目的。他は単なる死骸です。

国際捕鯨委員会(IWC)を脱退したノルウェー。
CO2排出削減目標を設定した所謂京都議定書にサインしなかったアメリカ。

日本は国際協力、調和を頻繁に訴えますが、ここでもまた意味を履き違えている気がします。(CO2問題にサインしなかった米の功罪や是非は別問題ですが)

このへんで終わります。


追伸:ブログでは政治的なこと、宗教、時事問題を初めとする個々の価値観や主義主張が異なることについては一切記事にしないつもりでしたが、鯨を食べながらそんなことを考えてしまいましたので、思わず書いてしまいました(;´д`;)
スポンサーサイト

[2005/11/17 23:50] 雑記・戯言 | TB(0) | CM(3)

文字化け…
[2005/11/18 20:32] [ 編集 ]

病気持ち…

???B
?????????H???????????????????????`
[2005/11/18 20:31] [ 編集 ]

アメリカ、ゴルァ~!!

“病気持ちの牛”や“発ガン性物質を塗りたくった柑橘類”を、さんざん日本人に食わせといて…鯨を食うんは野蛮ってか!?

ふざけんなっ!!

他民族文化や、他人種の文化にケチを付ける…それが、1番の野蛮な行為やっちゅうねん!!

恥を知れっ!!
[2005/11/18 19:47] ウルフチーフ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://genpachi.blog22.fc2.com/tb.php/133-f23e3fbb








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。