スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

06ドバイWCデー観戦記@GCH 

ネタばれ?注意。今グリーンCHでドバイWCデーの中継を見てます。レースが終わるたびにここにUPしていこうと思います。(寝てしまわなければ)

自分で映像を見て結果を知りたい方は見ないように・・・


ダート:馬場はローラーをかけ、水がまかれているようです。
当然、地元馬が有利になるようでしょう(汗)
かなり時計は速いです。
芝:水をまかれたようです。芝の長さは日本より長くヨーロッパより短い。そんな感じらしいです。

出馬表<PDF> 出馬表<html>

■ドバイゴドルフィンマイル(G2)。(22:40)
ユートピアは、スタートをぽんと出てそのまま先頭。
道中1~2馬身の差をつけ、せりかける馬もおらず、楽に逃げる展開。
ユートピアは展開が向くと見られていましたが、直線他馬を全く寄せ付けず、突き放す強い競馬。4~5馬身差の圧勝でした。

〃 ̄∇)ゞオメデトォーーーー♪

1着ユートピア
2着人気薄のトルコ馬


■UAEダービー(G2)(23:15)
カブリンが逃げ好スタートのフラムドパシオンは控え(進路がなかった?)中段後方の内に・・・
やはり前につけないときつい馬場なのでしょうか?
ケンタッキーダービーが目標のゴドルフィンのディスクリートキャットが6~7馬身差の激勝。( ゜Д゜)ポカーン
これで条件戦から3戦全勝。直線デットーリが後ろを振り返る余裕もありました。ディスクリートキャットはアメリカ産馬。デビュー戦で強い勝ち方をし、ゴドルフィンにかなりの金額でトレードされたそうです。その時の2歳馬のスピード指数も抜けていたそうです。ゴドルフィンのワンツー。
カブリンは直線失速。フラムドパシオンは苦しい展開の中、単なるOP馬が3着になる大健闘(T_T)オツカレサマ

1着ディスクリートキャット
3着フラムドパシオン
7着カブリン

さて、ここからG1 4連発(笑)
■ドバイゴールデンシャヒーン(G1)(23:55)
直線のスプリント戦。アグネスジェダイには金沢の吉原Jが騎乗。
スタート時に他馬にぶつかられる・・・枠の関係もあったのかスピードが足りなかったのか、道中馬群のなか。
勝負どころであっという間に置かれてしまいましたが、よく盛り返し6着。しかしレース前に名前すらあがっていなかったアグネスジェダイが強豪揃いのアメリカ馬(1~5着)に続き6着という大健闘。しかし上位馬はスタートダッシュと二の脚が凄いです・・・

1着プラウドタワートゥー
2着ソーズエコー

6着アグネスジェダイ


■ドバイシーマクラシック(G1)(24:50)
ハーツクライは日本のチャンピオンホースを破った馬、JC2着馬ってことで評価は高かったようです。
スタート後、2~3番手でレースを進めそうな気配でしたが、なんと・・・!!
ルメール逃げました!コーナーワークを利用し内に切れ込んで行きました。このところ前につけていましたがまさか逃げるとは正直びっくりしましたね。スローにペースを落とし、前半はほんとゆったりしたペース。団子状態でかかり気味になる馬がいるなか、直線いつもの末脚炸裂。ハーツクライにとっては逃げていても脚をためている状態とほぼ同じ。その後どんどん差を広げ優勝!

つまり逃げ圧勝です。

ルメール、完全にハーツクライの馬キャラを変えてしまいましたね、いや、本当はこういう乗り方が一番よいのかも知れませんね。
橋口師、ユートピアに続きハーツクライも優勝。お見事!インタビューでキングジョージに挑戦したいとのことでした。(リップサービス?)
海外に日本のチャンピオンホース(←一応ね)のハーツクライの強さを印象付けるのには充分過ぎる内容でした。

1着ハーツクライ2:31.89

■ドバイデューティーフリー(G1)(25:30)
11頭のG1ホースが出走。
ハットトリック、出遅れ後方から。アサクサデンエンは4番手、飛ばす前3頭を見ながらレースを進めましたが、両馬全く見所なしでした。残念。

1着デヴィッドジュニア1:49.65←ぶっちぎりでした。
12着ハットトリック
15着アサクサデンエン

デンエンはかなり離された入線でしたが、故障とかなければいいのですが。

■ドバイワールドカップ(G1)(26:20)
カネヒキリは好スタート。逃げるのかと思いきや、アメリカの速い馬を行かせて道中3~4番手。スターキングマンは・・・分かりません。4
4~5番手のまま直線に入り、いい手応えで内から伸びてはいるのですが、前の馬も止まらず、さらに伸びる。このままレースが終わってしまうのかと思いきや、カネヒキリより後ろに、そして馬群の中にいたはずのエレクトロキューショニスト(←逃げると展開予想されていた)がもの凄い脚で大外から差しきり勝ち(゚ロ゚)ギョェ

さすが電気死刑執行人((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

正直びっくりしましたよ。いくら時計の出やすい、土に近いダートとはいえ凄い脚・・・・またしてもデットーリ&ゴドルフィン。

カネヒキリは残念でしたが、堂々(トオモウ)の5着。

1着エレクトロキューショニスト
5着カネヒキリ
8着スターキングマン



ハーツクライ、ユートピア&橋口師&金子氏&社台&豊様おめでとうございますm(__)m我が愛しのPOG馬、カネヒキリ&フラムドパシオンも健闘しました。他の遠征馬もお疲れ様でした。

P.S この記事はレースが終わるたびにUPしましたが、びっくりするほどもの凄い勢いでアクセス数が伸びました。(2~3時間で500以上・・・)
17人

この記事はグリーンCHの音声、映像を見ながらUPしましたので、誤り等があるかもしれませんのでご了承をm(__)m
スポンサーサイト

[2006/03/25 22:50] 競馬 | TB(0) | CM(2)

おつ~♪
[2006/03/29 16:19] [ 編集 ]

UAEダービーの勝ち馬のトレード金額が気になりますね。
[2006/03/25 23:53] ぽー [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://genpachi.blog22.fc2.com/tb.php/244-e8b89e61








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。