スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プライムタイム 

プライムタイムプライムタイム
アサヒビール
ビール:麦芽・ホップ・窒素
アルコール度5.5%
★★★☆(3.5点)

ニュースリリースはこちら

アサヒさん曰く。
贅沢な素材と丁寧な仕込み、アサヒビールが長年培ってきた様々な醸造技術によって、“新しい飲みごこち”と“こだわりの泡”を実現したプレミアム生ビールです。
原材料のホップは、良質なビターホップに加え、アロマホップの最高ランクと言われるドイツテトナング地方のテトナンガー種を中心としたファインアロマホップを使用しました。これらのホップを煮沸工程において、麦汁の煮あがり直前に投入する“レイトホッピング”という手法を採用し、泡の品質や持続力に徹底的にこだわりました。“こだわりの泡”を実現するために、麦芽本来のうまみを生かし上質な泡を生み出す「高温アインマイシェ法」等を採用しました。

だそうです。
つい、この間「麦芽100%にはこだわらない」 ・・・とアサヒさんは言っていたのにまたオールモルトで来ました。(←前にも僕が使ったセリフですね)
といいつつ、アサヒが高級ビールの位置付けで新商品を発売するってことで結構楽しみにしていました。

グラスを注ぎつつ、初めて飲む時には必ず見る成分の欄に

窒素・・・

どう考えても泡立ちをよくするために添加したとしか思えません。他ブロガーさんは、泡立ちが大したことないとの声が多かったのですが、僕の注ぎ方がうまかったのか、見事なものになりました。(←原付で帰宅時に購入しましたが(汗))

良くも悪くもアサヒらしい味。

「まろやかなでやさしい口あたり」を謳っていますが、確かにその通りです。実際とても飲みやすいですし、及第点でしょう。ただ、高級ビールとして発売するからにはもう少し飲み応えや余韻があってもいいと思います。

どうしても言いたいこと・・・・

「こだわりの泡」を謳ってますが「窒素」を添加することで得るのではなく、醸造によって生み出して欲しかった。せっかく素材やコンセプトにこだわってるにほんと残念です。(日本でビールへの窒素ガスの混和の製法が認められるようになったのは平成10年からだそうです。)

ビール部門で出荷数量ではアサヒが現在業界一位ですが、美味しいビールとしてはまだまだで、いわばキリンの独断場。ビールファンとしてはそれに追従する大手メーカー(地ビール除く)を待ち望んでいるわけです。キリンの牙城を崩したアサヒさんに対する期待が大きいからこそスーパードライよろしく、辛口コメントになっちゃいますm(_ _)m

<7/6追記>
アサヒにメールで問い合わせたら下記のような感じでした。
<抜粋>
缶蓋を閉める際に缶の上部にある空寸部分の空気(酸素)を排除するために窒素ガスを吹き付けております。従来ですとこの工程で炭酸ガスを使用しておりましたがそうすると炭酸ガスがビールに溶け込んでしまい「心地よい低めのガス圧」にすることが出来なくなってしまいますので、窒素を用いております。

でした。泡がクリーミでまろやかになるってことでしょうか?
スポンサーサイト

[2006/06/28 20:49] ビール | TB(0) | CM(18)

よろしくです

参考になりました!
[2010/05/26 15:35] a6sy6@yahoo.co.jp こうじ [ 編集 ]

スーホさんはじめまして

引用?参考ありがとうございます。
アサヒに問い合わせたのですが、予想通りというか、結局泡でした。
私は食品メーカーに勤めているのですが、興味深い記事がたくさんありますね。また覗かせていただきます。
[2006/08/16 20:14] 源八 [ 編集 ]

遅ればせながら

PRIME TIME を飲みました。
甘いなあと思ったものですから、てっきり窒素はうま味のために使われていると思ってしまいました。
実際は、泡のためなんですね。

参考にさせていただきましたので、ご報告申し上げます。
ありがとうございました。
[2006/08/16 16:48] スーホ [ 編集 ]

確かに

そうですよね~w。

[2006/07/10 21:01] 源八 [ 編集 ]

二酸化炭素

他のビールには『原材料:二酸化炭素』って書くべきだ(^^!

窒素

アサヒにメールで数回やり取りしたのを要約して、記事の最後に追記しました。
[2006/07/06 23:40] 源八 [ 編集 ]

ビール不味けりゃ泡まで不味い”かとw

確かに・・・



(゚Д゚)


って言うほどじゃないかと(^_^;)
[2006/07/04 23:33] 源八 [ 編集 ]

試してみました。

仕事帰りに1本だけ買ってきて、いま飲みながら書いてます。

 ・・・

 ・・・

 ・・・

う~ん、“マズイ”って事もないけど…“アサヒらしい味”って事にしときますかw

取り敢えず、俺には『泡にこだわる』ってのが良く解らない(@_@;)

ビールそのものが美味しければ、泡まで美味しいんじゃないでしょうか?

“ビール不味けりゃ泡まで不味い”かとw

[2006/07/04 20:40] ウルフチーフ [ 編集 ]

昨日飲みました
感想は

(゚Д゚)

以上
[2006/07/03 09:52] ロイス [ 編集 ]

こわじ♪

どんどん飲んでO(≧▽≦)O



介抱しませんが
[2006/07/01 15:58] 源八 [ 編集 ]

(*´∀`)

(´-`) ンー
窒素ですか・・・

今から帰りに買って飲んでみたいと思います(*´∀`)♪

よっぱらったら介抱してください(*´∀`)b
[2006/06/30 18:35] こわじ [ 編集 ]

昼休みです♪

horaboyaさん>
コメントありがとうございます。
アサヒにメールお疲れ様でした。品質保持ってなにか釈然としない内容ですね。

「窒素ガス」の働きは通常の炭酸ガスによる泡に比べて泡のつぶが細かく、クリームのような感触になるそうですよ。
ビールは発酵するときに炭酸ガスが出ますので、これを溶け込ませたのがビールの泡のもとですが、窒素ガスを人工的を添加しクリーミーにしたものといえます。

とういことで、ブログにも書きましたが、アサヒが言うところの「こだわりの泡」クリーミーなを得るために窒素を添加したものだと私は思っています(^^;)
窒素=窒素ガスです。

ちなみに日本でビールへの窒素ガスの混和の製法が認められるようになったのは、平成10年、ほんの5年前らしいです。
(平成10年9月9日付国税庁告示第4号)「ビール時事放談」のBUZZさんの記事参照。

ぽーさん、ロイス様、ウルフ様>一度お試し下さい。

ノミ太郎さん>高級ビールって難しいですよね。その分野が売上げを増やしてる理由で販売するのではなく、もう少し頑張って欲しいです。
>まずくはないけどw
[2006/06/30 12:04] 源八 [ 編集 ]

窒素について

アサヒから返事が来たのでブログに載せました(^_-)
[2006/06/30 09:52] horaboya [ 編集 ]

期待はずれ

こんばんは。コメントどうもです。

ん~やっぱり物足りないですよね、このビール。
他社のプレミアムビールがしっかりコクと余韻を出してきてるのに、軽めで苦味も無くて・・・プレミアムビールを買おうという客層が求めてるのとは方向性が違う味な気がします。

[2006/06/30 01:16] 今宵も家呑み ノミ太蔵 [ 編集 ]

ラベルのデザインに騙されて買いそうになったけど、買わないで正解みたいやね。
[2006/06/29 16:44] ロイス [ 編集 ]

窒素

拙ブログへのコメントありがとうございました。

「窒素」に関してはアサヒへ直接質問メールを送ってみました(^^ゞ
[2006/06/29 10:13] 新皮質音楽辺縁系 horaboya [ 編集 ]

お久しぶりです

窒素ですか。ものは試しに飲んでみようと思います。
[2006/06/29 01:54] ぽー [ 編集 ]

やっぱり?

今日の仕事帰り、久々にセブイレへ寄った時に発見。

アサヒやけどw気になったから・・・
1本だけ買ってみようかと手に取り、お約束で、原材料の所を見たら…

『おっ、麦芽とホップのみやんか♪ えっ…?窒素って何や!?』

みたいな感じで、お店の冷蔵庫に戻しておきました(@_@;)

窒素なんて添加してまで、泡を立たせる意味が解りません。
まぁ最初から、俺はアサヒに期待してませんけどねw

[2006/06/28 20:55] ウルフチーフ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://genpachi.blog22.fc2.com/tb.php/319-0b204591








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。