スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遅まきながら 

只今の飼育スペース①の温度は17.9~22.1℃。
17.9℃~ってのが結果的にパラワンにとっては低温飼育に。低温でじっくり大型化目指すのも手だとは思うのですが、意を決し、お決まりの方法で簡易温室作成。
簡易温室1号-1


簡易温室1号-2


簡易温室1号-3


簡易温室1号-4


簡易温室1号-5


いろいろ迷った挙句温源はピタリ適温3号を。場合によってはスタイロフォームの使用も検討していたのですが必要なさそうです。上部24.5℃、下部21.2℃。かなり詰め過ぎですが、OK・・・と思っていたのですが、

ヒーター→スノコ→瓶・PPという順に熱が伝わってきて、瓶やPPがほんのり暖っかい(゚ロ゚ )やばい!

早速、簡易温室2号作成(汗)
簡易温室2号結局、もう一回り大きい衣装ケースに切り替え、ヒーターは側面に。尚且つ、ヒーターの前にはスノコとダンボールを(画像の手前の方です)、更に瓶&PPへ直接加温されるのを防ぐ為アルミシートを設置というか置いただけ。

衣装ケースの蓋を完全に閉めない状態で上部25.1℃、下部21.9℃。瓶&PPも熱を持たずにいい感じ。菌糸内部はもう少し温度が高いでしょうし、暖め過ぎて早期羽化も心配なので、1.5cm程隙間を開け、被せる感じで蓋をした状態で上部23.3~25.3℃、下部21.6~22.9℃(3日間)という結果。
元々飼育スペース①は18.3~22.1℃なので、今のところ少しだけの加温で大丈夫そう。もし、更に加温が必要になった場合は蓋の閉め方を変えたり、ヒーター前の障害物を調整すれば上手くいきそうです。

・簡易温室1号(加温なし)
 オオクワ、ダイスケ、ツシマ菌糸組、コクワ菌糸組
・簡易温室2号(加温あり)
 パラワン、ダイスケ菌糸組、アブデルス
スポンサーサイト

[2006/12/18 00:15] クワカブ日記 | TB(0) | CM(5)

haya坊さん>
バッチシでしょうか?バッチシだといいのですけど(^^;

D.M.fatherさん>
蓋につけることも検討したのですが、高さがないので1100PPのキャップに熱を少しもったので、結局側面になりました。上部の層にアルミをひくとかしたら使えるかもしれません。

モトちゃんパパさん>
とりあえず側面になっています。温度感知部分はもちろん上側にしています。今後の参考にします。
蓋をもう少し開けて現在上部23℃になるようにしています。ちなみに温源のない簡易温室は22℃です(笑)
最低は分かりませんけど^^;

たまどんさん>
今は余裕がありますね、温室1号、2号なので^^
これ以上増えたらメタルラックの何段かを温室かしようと思っています。


[2006/12/19 22:17] 源八 [ 編集 ]

イイ感じに仕上がっていますね~。
幼虫の数が増えたら、大きい温室も考えないといけないですね。(笑)
[2006/12/19 00:33] たまどん [ 編集 ]

源八さん
20℃位に保っておくと、菌糸の活性が上がって発熱しますから、もう少し低め設定が良いのではないでしょうか?
またD.M.fatherさんが言うように、下から暖めると熱気が上昇しますので、自己温度調節型のピタリ適温なら蓋側に設置も良さそうですね。
[2006/12/18 21:30] モトちゃん [ 編集 ]

なかなか丁寧に作られてますね^^
暖かい空気の流れを考えれば下部か側面が妥当でしょうけど
限られた空間で蓋をするのであれば蓋にパネルヒーターってのも
いけるんじゃないかと...どうかなぁ。。。
内部も全体的にそれ程温度上がらないし幼虫も底からじっくりとってね...
甘いかな(笑)
[2006/12/18 19:11] D.M.father [ 編集 ]

温室作成お疲れ様でした。
これでこの冬もバッチリでしょうか(^^
幼虫達も源八さんに感謝ですね!

[2006/12/18 10:25] haya坊 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://genpachi.blog22.fc2.com/tb.php/488-26433f9d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。