スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

着弾っ! 

TOTOTROさんのプレ企画がありましたが、僕の協賛品の発送も無事終わりました。
僕も運良く2品に当選することができましたm(_ _)m

それをご紹介しま~す(^-^)

まず、そらさんの協賛品♪

KUWATA11号。
KUWATA 11

2001年発行!!
ローゼンの現地ブリードの記事や、松下泰平氏のトカラ採集記事、インセクトマートのマルバネの記事があり、また、今はないSHOPの広告があったりします。
また特集や記事から、当時のクワカブの状況も分かりホント面白かったです(^_-)
そらさん、ありがとうざいましたm(_ _)m

もうひとつ・・・AtoZさん協賛のノコに当選♪


学名:Prosopocoilus inclinatus inclinatus
和名:ノコギリクワガタ
鹿児島県熊毛郡屋久島町栗生 F2


ヤクシマノコ到着ヤクシマノコ♂

屋久島ノコの成虫を実際に見たことはありませんが、何点かのネットの画像から判断するに・・・


大顎の湾曲はやや強め。
上翅の光沢がやや赤みを帯び、艶がある。
サイズは52~55mmくらいでも大歯になる感じ。
本土ノコとは違う!
カッコいい!

ってところでしょうか。
実際に羽化した個体を数頭見てから再度特徴をUPしたいと思います。
ちなみにこのマット、画像でも分かると思いますが、凄い微粒子で発酵の度合いもとても良く驚きました。
AtoZさん、ありがとうございましたm(_ _)m


え~、以下戯言です。

さて、このノコの産地は、前述通り世界遺産の屋久島です。
現在、P.inclinatus inclinatus(本土ノコ)とされています。


大隅諸島

その屋久島の西にある口之永良部島にはssp.kuchinoerabuensis(クチノエラブノコ)が生息。また北西の黒島にはssp.kuroshimaensis(クロシマノコ)、硫黄島はssp.mishimaiouensis(ミシマイオウノコ)が生息。 南にある口之島にはssp.elegans(トカラノコ)が生息しています。
屋久島は九州地方最高峰の宮之浦岳 (1,936m) がそびえ、他にも数多くの1,000m級の山々があり、雪も降るようです。
年間降水量は平地で約4,000mm、山地で約8,000mmにも達するうえ、亜熱帯地域に位置する島でありながら、2,000m近い山々があるため亜熱帯から亜寒帯に及ぶ多様な植物相が確認されているようです。
屋久島ノコも、いわゆる離島で長い年月をかけ、独自の進化を遂げるには十分な下地があるような気がします←当然、素人考えです。
そういう意味では、P.inclinatus inclinatus(本土ノコ)との境界線が現在屋久島になっていますが、今後、種子島、もしくは大隅半島佐多岬になってもおかしくないと思いません?

ってことで、ssp.miyakejimaensis(伊豆諸島南部亜種)やssp.hayashii(イヘヤノコ)同様、近く新亜種になると勝手に妄想してたりします(^^;)

妄想なので新亜種にならなくても、嘘言いやがってって虐めないでくださいね


(T_T;)
スポンサーサイト

こうじんさん
昨日はありがとうございました。
クワ話に野球話、ほんと楽しかったです。
酒は控えているつもりですが、こうじんさんがすぐ空っぽにしちゃうので同じペースで飲んでしまいました。二日酔いはしないタイプなのですが、今日の朝、胃が痛かったです・・・(笑)

こちらこそ、よろしくお願いします(^O^)/
[2009/10/04 21:43] 源八 [ 編集 ]

源八さん おはようございます

昨日はお疲れ様でした~
やっと、たどり着きました^^;

これから、宜しくお願いしま~す!

リンク頂いて帰りま~す^^
[2009/10/04 08:46] こうじん [ 編集 ]

かっつさん
研究熱心というか研究はしていません(>_<)読む、見る、調べるくらいです(^^;
最近学術的な文献を読むことにはまっています(^^ゞもしかしたら、飼育よりこっちの方が好きなのかも知れませんね(^^;
お互い宝くじを当てて、一緒に屋久島に採集に行きましょう(笑)

北摂山桜さん
えっ!?
大隅半島出身、そのうえ佐多岬で採集したことがあるんですか!しかも本土ノコと少し違うとは興味深いですね。
素人考えですが…
生物学的な考えや地質学的な島の成立過程、島の気候や火山島や植物群とかの環境等、特化(亜種化)しうる下地…他亜種の侵入による交雑化によっての長い年月をかけて亜種化とかいろいろあるのでしょうけど、この地域は学術的なことは良く分かりません。
単なる地域差だと悲しいですが、今後の研究が待たれますね。
[2009/10/03 17:54] 源八 [ 編集 ]

一番星さん
ちわ~よだれでますよね(笑)
マット、一番星さんもそう思いました?ココアのパウダーみたいですよね。
産卵や初齢には特に良さそうです。
これってAtoZさんのホムペで販売しているやつと同じなんですかね?

komachiさん
ありがとうございますo(^-^)o
2年振り?に生体に応募してしまいました(^^;
ずっと生体協賛→生体以外を応募だったのですが、それを解禁させるほど魅力的でした(^^;

いすけの父さん
日本はこうやって考えてみると素晴らしい国ですよね(笑)
一度行ってみたいですo(^-^)o

(笑)
[2009/10/03 17:31] 源八 [ 編集 ]

あーくさん
屋久島行ってみたいですよね~
屋久島杉があるあたりなんて、秘境というか精霊がいても不思議ではない雰囲気ですよね。
まあ新亜種になるであろうという勝手な妄想です(^^;

白三さん
そう!そうですよ~
ノコは国産も外産も亜種が多く深いと思いますよ。
ただはまってしまうと大変なことになりますが(笑)
[2009/10/03 17:22] 源八 [ 編集 ]

離島産

源八さん、おはようございます。
確かに不思議な境界線ですねぇ!
過去の地形とかで判断なんでしょうか?
ちなみに私は大隅半島で育ちましたが
佐多岬付近のノコは、やはり本土とちょっと
変わってる個体がみられます。
小さい頃の思い出ですが、はっきりと記憶に
残ってますよ。
[2009/10/02 07:15] 北摂山桜 [ 編集 ]

こんにちは

W当選おめです~^^
源八さんは研究欲が凄いですね。
おいらも見習いたいです。
屋久島にもいつか行ってみたいですね~
日本じゃないような環境なんでしょうね。
ノコの羽化楽しみにしてます。
[2009/10/01 11:50] かっつ [ 編集 ]

源八さん、ばわん^^

勉強熱心な源八さんにゃ良い商品ですね(○´ェ`○)
こんな小さな国なのに、そんなにも亜種っているもんなんだ・・・。
島国って凄いですなぁ(*´ェ`*)ポッ
[2009/09/30 22:33] いすけの父 [ 編集 ]

源八さんこんばんわ^^

W当選ですか??いいもんがきましたねぇ♪^^クワカブの輝かしい過去も見れちゃいますね^^
源八さんがそんな話すると私本気にしちゃいますよ(笑)
[2009/09/30 20:37] komachi [ 編集 ]

こんばんわ^^v

AtoZさんの屋久島ノコ!ジュルル~
ヨダレでました・・・スミマセン・・・

マットの質感、自分も初めていただいたとき
びっくりしました!
すごく生みそうなマットですよね♪
[2009/09/29 23:33] ☆一番星☆ [ 編集 ]

源八さん、まいどん^^

同じノコでも深いんですな~

野外品も黒が強かったり、赤み掛かったり・・・
ノコ極めると嵌まりそうですな~v-398
[2009/09/29 23:15] 白三 [ 編集 ]

こんばんは^^

屋久島、本当に行きたい場所の一つです。
あれだけの独自の自然のある島ですから、ssp.yakushimaensis、実現するかもしれませんね!
[2009/09/29 21:35] arc646464@ybb.ne.jp あーく [ 編集 ]

Gaatuさん
こういう学術的なこともすきだったりします。
ただ僕が書いたことは学術的もどきですが(笑)
ヤクシマ全頭無事羽化目指して頑張りますね^^

TOTOROさん
ああ!!そうですね。
松下氏と言えばそうですもんね。
もちろんKUWATA、お持ちします^^
酒とともに(^_-)-☆
[2009/09/29 21:22] 源八 [ 編集 ]

この本、11月28日に持ってきて~
この個体が今、内にいる臥蛇島の祖祖父母です。。。感慨。。。
[2009/09/28 23:49] TOTORO [ 編集 ]

その節は・・・

有難うございました!
ミシマイオウを戴いたGaatuです。
皆さん、ホントマメだし勉強家だなぁ~
屋久島ノコ、是非見せてください。

[2009/09/28 23:06] Gaatu [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://genpachi.blog22.fc2.com/tb.php/929-d7af2087








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。